ふるさととくぢ集落支援員だより(1月号)

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 昨年暮れ島根県邑南町口羽地区を訪ねました。人口約700人、高齢化率58%、20集落の地区です。

「若者は帰ってこない」と覚悟を決め、100人中100人が75歳を越えた時どうなるかを皆んなで考えられたそうです。困りごとは3つに絞られました。①地域自治が困難になる ②田畑が荒れる ③日常生活に困る。

これらを解決するために、臨機応変に代行できる「お助けセンター」として、「口羽をてごぉする会」を2010年に立ち上げられました。やる気のある者が議論して、問題点を絞り、やれるところからやり始めることになりました。

新聞配達店が高齢で廃業になれば出来る人が新聞配達を引き継がれました。今97歳のおばあちゃんがチラシの折り込みの仕事を元気にされています。

やる気のある女性10人が仕出し業を引き継ぎ、仕出し・食品加工・食用鯉の養殖販売事業に取り組んでおられます。

2019年より予約方式の有償運送事業を始め、通院や買い物など日常交通ニーズの9割は解決されているそうです。運転手は30人。

今、地区で経済が循環するよう特に木質バイオマスによるエネルギーの自給自足の研究が進められています。

過疎のむらから日本社会が確実に変わりつつある「息吹き」を感じました。

(集落支援員:市原)

集落支援員だより(12月号)

「ふるさととくぢ」3月号、4月号で佐波川美化ボランティア活動について書きました。たくさんのボランティアの方々が大やぶとなっている河川敷をきれいにされている記事でした。

今、そのすぐ上流を、山口県防府土木建築事務所(以下県土木)が発注者となって河川改修工事が行われています。正式には「佐波川総合流域防災(緊急対策)工事」で、下八坂横野から才契、小古祖にかけて来年2月28日までの予定で進められています。このあたりは大きな木があちこちにあってボランティアの方も「我々では処置することが難しい」といわれていました。

大水がでると大きなゴミが引っ掛かり災害につながりかねないところです。県土木の担当者の方が「広報誌『ふるさととくぢ』で地元の人たちが自主的な活動として河川をきれいにされている記事を読みました」と言われていました。

ボランティア活動がこの工事に影響を及ぼしたかどうかはわかりませんが「地域の方々の安全」にささやかでもつながっていればこれ以上嬉しいことはありません。

小さな活動として始められたボランティア活動とのことですが「見てくださっている人がどこかに必ずおられる」ことを改めて気付かせていただきました

   ~廣瀬橋から見た工事風景~

(集落支援員:市原)

徳地ワイガヤの会(第52回)

1.TABICAについて

 ・前回三浦さんからTABICAについて報告があり、年末年始を使って徳地に適当な場所、イベントはないかを考えることとした。今回はそれを考えるにあたりまだTABICAの内容が十分理解できていないから詳細資料で勉強し合った。

 ・結果、より話を具体化させるため、TABICAを実施されている邑南町を見学することとした。

 ・邑南町のTABICA事例調査⇒資料取り寄せ⇒次回徳地ワイガヤの会で揉む。資料取り寄せまでは市原が1/20まで責任もって対応する。

2.かわまちづくりの状況について(吉松)

 ・今、国交省と地域づくり協議会、商工会、徳地総合支所で山口市の賛同(その気になってもらう)うるための検討委員会を設置することを決め、その準備を進めている。

 ・事業を実現させるためには、いずれにしても山口市の承認が大前提であり最大の壁である。 進捗状況は適宜ワイガヤの会でも報告し、皆さんの意見を取り入れて行きたい旨報告あり。

3.防府高校佐波分校文化祭のお礼について(野村)

 ・過日行われた文化祭の協力に対し河村校長からの礼状の披露があった。

4.次回 1月24日(金)13:30~16:00  議題はTABICA 邑南町見学について。

以上

サンタが徳地に ハーレーに乗ってやってきた

まちにまった「サンタ」がハーレーに乗ってやってきた。

コスプレの笑顔と自動二輪車の山、これだけ集まると壮観そのもの!

子供たちはプレゼントを両手に持って大はしゃぎ!!

一面に大きな花が咲いたようなこのイベントは、「サンタクロース ツーリングの会」と「徳地の有志」のコラボで行われた。

今年の接待は、徳地が誇るあったかい徳地産カワラケツメイ茶と徳地産の芋汁だ。   来年はどのような催しになるのか? 今から楽しみだ。

子供が発した 「さよなら」・・「またきてー」 の掛け声が印象に残った。 

ワイガヤの会(第51回)

1.ワイガヤの会リニューアルに向けた宣言文の再徹底

前回皆んなで出し合った宣言文を皆んなで口に出して宣言し、徹底を図った。今後、会を運営していくうえでこの宣言文を皆んなで遵守することを約束した。

2.会の名称について

我々会の中では「同じ志」を持った者の集まりだから自由に話し合う「ワイガヤの会」で良いが外部の人から見ると「何をしているかわからない」、しょっちゅうセンターの黒板に記入してあるが疑念の目でも見られている。リニューアルに際し会の名称を変えたらどうかを議論した。

結論として、あまり縛りが無く、自由に物が言い合える「ワイガヤの会」の名称が適語ではないか。強いて言えば「徳地」の名前を入れて、「徳地ワイガヤの会」としたらどうかで意見が一致した。

 リニューアルに際し、ここで役員を再徹底し、全員の合意を得た。

会長:野村新一郎    事務局長:市原  茂     監事:竹本  実

3.テーマ提案:「TABICAで発信して素敵なゲストを招き地域を楽しくしよう!」(三浦)

中国電力がガイアックスと提携して、地域での稀少な体験を広く全国に向けて発信するWEBプラットフォーム「TABICA]を紹介。全員の感触を確認。

「やってみよう」「面白い」「どこかに参加してみて様子をみよう」という意見が沢山出た。

次回:テーマ提案があったTABICAの案を各自考えそれを議論する。

 2020年1月10日(金) 13;30~16:00

以上