集落支援員は何をする人なの?

「集落支援員は何をする人なの?」とよく 聞かれます。

簡単に言うと、地域の方々が 話し合う「場」を設け「話し合いの手助けをする」ことです。

平成29年度「山口市阿東、 徳地地区における人口ならびに介護分析」業務現地報告会に参加しました

「人口が今のまま推移すると、集落は消滅する。年に人口の1% だけ人を増やすことができれば維持できる」という話を聞き、住民の方々の中には「聞いた だけではもったいない、何か動き出さなければ」という気運が生まれました。

私の仕事はこの「気運」を活かし盛り上げて行くことです。そして、市町村と協働し、地域の皆様の当事者 意識を引き出し、必要に応じて住民の皆様同士 または住民の皆様と行政が話し合う「場」を 設けていくことです。

これまで、徳地フェスティバル、各地区の分館 まつり、しめ縄づくり、もちつき、森林浴ウォー キング等々に参加しました。つながりもできつつ あります。

皆様の地区に伺ったときには気軽に声 をかけてください。 「この地域をなんとかしたい」 という皆様の思いを形にしていくお役に立てればと思っております。

(集落支援員:市原 茂)

ワイガヤの会(第7回)

1.今までのワイガヤやその他の席で話題として上がったものを整理し、その中で特に資金も要らずすぐにでも取り組めて、結果が出やすいものを議論しあった。結果として次の件を進めて行くこととした。                       

 ①動画による徳地のPRとしてYouTubeへ載せることを考える。                          

 ②中世山間交易民間調査団結成記念フォトコンテストを企画する。                         「徳地でフォトコンテストをする」では人は集まらない。このキャッチフレーズで人を集める。

中世・・・重源・鎌倉時代  山間交易・・・徳地はハブの位置にある。

交易の場民間調査団とくれば歴史好き、観光好きの人は飛びついてくるのではないか。                   

2ヶ月間写真をとってくれ。それでコンテストをする。

商品(例えば米何俵とか)を出す。                           

 ③子供の遊び場の場所の選定をする。               

2.動画、YouTube、地域づくり等に経験豊富な三浦豊さん(宮野在)(シルバー人材センタ会員)がワイガヤの会に大変興味を持たれ参加を希望された(4/23のシルバーでの会合後2人で雑談したとき)。

ワイガヤの方に相談して、承認を得てからと答えた。今回皆さんの賛同が得られたので次回から参加していただくこととした。                         

3.むすびプロジェクトについて               

   ・6月3日(日)日本民謡発表会(於徳地地域交流センター)でむすびのおもてなしをする。                         

   ・こういう催し物を通して、積極的にむすびをPRしていく。              

   ・今、法的な制約等で「道は険しい」を学んだ。これでへこたれてはいけない。                      

   ・そのために、「何故徳地にむすびか」のストーリーをつくって、むすびを知ってもらう。                    

   ・吉田さんがシナリオをつくり、主役である藤本さん、田中さん、松田さんをサポートする。                

   ・吉田さんはじめ他のワイガヤメンバーが支える人になる。                 

   ・今は検証の段階。試食の段階。

いずれ将来販売するようになったときにはよろしくお願いしますを言って、知っておいて貰うようにする。           

   ・今回の本質はあくまで「おもてなしの気持ち」を出す。                     

4.その他                           

   ・次回5月9日(水) 10時~12時 於:徳地地域交流センター                         ・大道理夢求の里(芝桜)訪問日程が5月23日(水)14時~に決まりました。  

   

        

プロジェクト思いつくまま

話題に上がっているもの

①エネルギの自給策として水力発電、磁力発電                                               

②重源の里山サクラ植樹等の活性化策                                                  

③野菜半端物のとれたて朝市                                                  

④森林セラピー                                            

⑤ウォーキング                                            

⑥大原湖の活用策                                                      

⑦石風呂の復活                                            

⑧子供の遊び場 山、川の活用                                               

⑨集会所、寄り合い所の設置                                                  

⑩地元特産物の地産地消策                                                      

⑪地酒の復活 山田錦の生産とその活用                                              

⑫徳地みそと大豆の生産                                           

⑬徳地そばとそばの生産                                           

⑭耕作放棄地の活用策                                               

⑮空き家の活用策                                                      

⑯カワラケツメイ茶むすびとコラボ                                                     

⑰中世山間交易民間調査団結成記念フォトコンテスト  

⑱動画による徳地のPR→youtubeへの登録             

ワイガヤの会(第6回)(劇団はぐるま座紙芝居)

1.劇団はぐるま座の斎藤様、富田様が下関から来所。「動けば雷電の如く」(高杉晋作と明治維新)の紙芝居を披露。施設の皆様と聞く。

 ・迫力ある口調、よく通る声で熱演され,た。

 ・今回、徳地バージョンに編集されており、地元の皆様が身近に感じられて良かった。

 ・特に、「徳地がなければ明治維新はなかった」のセリフに感動した。多少大言壮語の感はあるが印象を持っていただくにはこれぐらいが必要なのではないかと思う。

 ・今後、徳地や他地区でも講演される(紙芝居ではなく舞台)予定とのこと。これを見て住民の方が特に、小・中学生が見て、徳地を誇りに思ってもらえたらと思う。