ワイガヤの会(第10回)

1.前回(第9回)打ち合わせの確認。                  

2.重源の郷視察(6/15)後の状況。                      

皆さんのご意見をまとめたものを山口市観光課長に提出(藤井所長会ら)。          

表現がストレート過ぎるところがあるので、今、課長のところで表現を考え中。    

出来上がったら、竹本社長と打ち合わせる。              

3.とくじ動画プロジェクトについて。                  

  中学生が主になって活躍してもらうため、このプロジェクトの主旨や取り組み方を学校や教育委員会に話し、承諾を得ておく必要がある。そのためのストーリー作りを今進めている。山田先生の知見を反映していただくことの同意を得た。吉田さんにストーリーのたたき台の作成をお願いする。  

4.むすびプロジェクトについて。                         

・6月3日の日本民謡発表会で実証体験した。                         

・地元で採れた食材を主体に、60歳から70歳台の方が 多かったので、好評だった。                         

・特に油分がなかったのが良かった。                         

・予想した以上に得ることが多くあった。価格や作る限界等。弁当の箱代等が結構かかる。      

・最終的には赤字にはならなかった。                         

・昼食のタイミングが、発表会の進捗具合で難しいことがよくわかった。                       

・100円/弁当が予想外に売れて完売となったが、出すタイミングが遅すぎた。                     

・今回の体験から、準備、支度にどれだけのエネルギーが要るかがよくわかった。                      

・最近特に食べ物の規制が厳しくなってきている。

⇒このような実証体験をすることにより、得るところが多くあり、「続けてやっていく価値はある」が大半の意見。

ただ作って売るための協力者に多大のご迷惑とエネルギーがかかり過ぎ、これをどう解決していくか。例えば有償ボランティア等考える。当面次の実証実験の計画はない。  

5.その他                       

・ブレッド(アメリカ)さんと三浦和誇(柚野在)さんが飛び入りで参加。今後機会があれば参加したい。

・藤本さんの指導で徳地甚句のおどりを踊って親善を図った。             

 次回予定   7月7日(土) 11:00~14:00  於:野村さんの施設おはな(コティーの傍)                                       以上

ワイガヤの会(第9回)

1.打ち合わせに先立って、有重さんのギター演奏&懐かしの歌声に聞き入った。徳地にこのようなミュージシャンが居られることを知り、今後の活動に期待したい。                        

2.とくぢ動画プロジェクトについて                      

  三浦さんから「とくぢの再発見とお知らせづくり」の資料説明があった。                           

  これをベースにして、特に撮影の中心が中学生ということもあり、学校の許可、市教育委員会への働きかけを進めて行くためのストーリーつくりをする。三浦さんに技術面の支援をいただきながら吉松、吉田、市原でストーリーをつくり交渉する。                     

3.重源の郷の活性化対策について                         

  (株)ちょうげん竹本社長との打ち合わせにより、社長自身も活性化対策に行き詰まりを感じておられることがわかった。このワイガヤの会で対策が考えられないか、まずは6月15日(金)14時~重源の里を現地見学することとした。竹本社長と一緒に考えるスタンスで関係された方々にもご意見等をヒヤリングすることとする。               

4.夏祭りについて                       

  今年は予算的には何とかやりくりできそうではあるが、今後のことを考えておく必要がある。                       

資金調達の手段として、例えばクラウドファウンディングの検討を進める。

     有重さんギター演奏と独唱

そば粉を買うと温度管理ができないから・・・

地域おこし協力隊の飯笹さんが、そばを植えるために、畑を耕されていました。

-そば畑を耕す飯笹さんー

「そば粉は買ってそば作りだけに専念された方が良いのでは?」 と聞くと、「そば粉を買うと温度管理ができないからだめ。遠方から運んでくると、途中で高温などで味が落ちてしまうから」と言われました。

先日、ふれあい交流会に岩手県の本田さんが来られ福島県飯館村の震災前後の写真を展示されました。
昼食時に「このお味噌汁はおいしいね」とビックリされました。

この時、そば畑での飯笹さんとの会話を思い出しました。「きっと素材の大豆も温度管理がしっかりされているからだ」と。同時に、「徳地以外の方々にもこの美味しさを味わってもらう機会が増えると良いな」とも思いました。

現在、問題になっている休耕田に、例えば大豆やそばを植える。地元で加工し、出来たみそやそばを味わいその美味しさを実感していただく。ファンが増え、働き場所が増える。

このようなことを、今、徳地を元気にしたいと思う人たちが集まって、語り合っています。 「参加してみたい」と思われる方は、私宛に連絡してください。一緒に語り合い、形にしていきましょう。

(集落支援員 市原 茂)

ワイガヤの会(第8回)

前回承諾いただいた三浦様ご夫妻を紹介。               

1.三浦ご夫妻自己紹介               

  ・80歳。三井三池工作所勤務。機械系技術屋。退職後、津和野の街つくり、益田市真砂町の街つくりに携わる。津和野町出身。現在宮野在住。動画を使ったYouTubeへの投稿技術あり。            

  ・奥さんは千葉でcoop(生協)の役員を7年間された経験あり。その間特に東北の農村の方との生の付き合いあり。貴重な交流経験豊富。                       

2.三浦さんが制作された動画を見る。                    

  ・三浦さんから徳地をPRする動画撮りは中学生に「これは」というところを自由に撮ってもらって編集するのも面白いのではのコメントあり。中学生への呼びかけ等検討することとした。                  

  ・技術講習してできる人を増やす。

3.むすびプロジェクトの進捗につぃて報告あり。              

  ・6月3日に向け進めている。                         

  ・徳地産の食材を使って、徳地ならではのむすびとする。                        

  ・昔はむすびはエネルギーのある栄養源となっていた食べ物であった。文化的意味合いあり。                    

4.夏祭り、花火大会                   

  ・藤本さんの徳地甚句等で盛り上げる。                         

5・その他                       

  ・5月23日の大道理訪問時の質問事項についてまとめる。                        

  ・次回は6月8日(金) 6月3日の状況その他。

 

   

集落支援員は何をする人なの?

「集落支援員は何をする人なの?」とよく 聞かれます。

簡単に言うと、地域の方々が 話し合う「場」を設け「話し合いの手助けをする」ことです。

平成29年度「山口市阿東、 徳地地区における人口ならびに介護分析」業務現地報告会に参加しました

「人口が今のまま推移すると、集落は消滅する。年に人口の1% だけ人を増やすことができれば維持できる」という話を聞き、住民の方々の中には「聞いた だけではもったいない、何か動き出さなければ」という気運が生まれました。

私の仕事はこの「気運」を活かし盛り上げて行くことです。そして、市町村と協働し、地域の皆様の当事者 意識を引き出し、必要に応じて住民の皆様同士 または住民の皆様と行政が話し合う「場」を 設けていくことです。

これまで、徳地フェスティバル、各地区の分館 まつり、しめ縄づくり、もちつき、森林浴ウォー キング等々に参加しました。つながりもできつつ あります。

皆様の地区に伺ったときには気軽に声 をかけてください。 「この地域をなんとかしたい」 という皆様の思いを形にしていくお役に立てればと思っております。

(集落支援員:市原 茂)

ワイガヤの会(第7回)

1.今までのワイガヤやその他の席で話題として上がったものを整理し、その中で特に資金も要らずすぐにでも取り組めて、結果が出やすいものを議論しあった。結果として次の件を進めて行くこととした。                       

 ①動画による徳地のPRとしてYouTubeへ載せることを考える。                          

 ②中世山間交易民間調査団結成記念フォトコンテストを企画する。                         「徳地でフォトコンテストをする」では人は集まらない。このキャッチフレーズで人を集める。

中世・・・重源・鎌倉時代  山間交易・・・徳地はハブの位置にある。

交易の場民間調査団とくれば歴史好き、観光好きの人は飛びついてくるのではないか。                   

2ヶ月間写真をとってくれ。それでコンテストをする。

商品(例えば米何俵とか)を出す。                           

 ③子供の遊び場の場所の選定をする。               

2.動画、YouTube、地域づくり等に経験豊富な三浦豊さん(宮野在)(シルバー人材センタ会員)がワイガヤの会に大変興味を持たれ参加を希望された(4/23のシルバーでの会合後2人で雑談したとき)。

ワイガヤの方に相談して、承認を得てからと答えた。今回皆さんの賛同が得られたので次回から参加していただくこととした。                         

3.むすびプロジェクトについて               

   ・6月3日(日)日本民謡発表会(於徳地地域交流センター)でむすびのおもてなしをする。                         

   ・こういう催し物を通して、積極的にむすびをPRしていく。              

   ・今、法的な制約等で「道は険しい」を学んだ。これでへこたれてはいけない。                      

   ・そのために、「何故徳地にむすびか」のストーリーをつくって、むすびを知ってもらう。                    

   ・吉田さんがシナリオをつくり、主役である藤本さん、田中さん、松田さんをサポートする。                

   ・吉田さんはじめ他のワイガヤメンバーが支える人になる。                 

   ・今は検証の段階。試食の段階。

いずれ将来販売するようになったときにはよろしくお願いしますを言って、知っておいて貰うようにする。           

   ・今回の本質はあくまで「おもてなしの気持ち」を出す。                     

4.その他                           

   ・次回5月9日(水) 10時~12時 於:徳地地域交流センター                         ・大道理夢求の里(芝桜)訪問日程が5月23日(水)14時~に決まりました。  

   

        

プロジェクト思いつくまま

話題に上がっているもの

①エネルギの自給策として水力発電、磁力発電                                               

②重源の里山サクラ植樹等の活性化策                                                  

③野菜半端物のとれたて朝市                                                  

④森林セラピー                                            

⑤ウォーキング                                            

⑥大原湖の活用策                                                      

⑦石風呂の復活                                            

⑧子供の遊び場 山、川の活用                                               

⑨集会所、寄り合い所の設置                                                  

⑩地元特産物の地産地消策                                                      

⑪地酒の復活 山田錦の生産とその活用                                              

⑫徳地みそと大豆の生産                                           

⑬徳地そばとそばの生産                                           

⑭耕作放棄地の活用策                                               

⑮空き家の活用策                                                      

⑯カワラケツメイ茶むすびとコラボ                                                     

⑰中世山間交易民間調査団結成記念フォトコンテスト  

⑱動画による徳地のPR→youtubeへの登録             

ワイガヤの会(第6回)(劇団はぐるま座紙芝居)

1.劇団はぐるま座の斎藤様、富田様が下関から来所。「動けば雷電の如く」(高杉晋作と明治維新)の紙芝居を披露。施設の皆様と聞く。

 ・迫力ある口調、よく通る声で熱演され,た。

 ・今回、徳地バージョンに編集されており、地元の皆様が身近に感じられて良かった。

 ・特に、「徳地がなければ明治維新はなかった」のセリフに感動した。多少大言壮語の感はあるが印象を持っていただくにはこれぐらいが必要なのではないかと思う。

 ・今後、徳地や他地区でも講演される(紙芝居ではなく舞台)予定とのこと。これを見て住民の方が特に、小・中学生が見て、徳地を誇りに思ってもらえたらと思う。

徳地に未来がやってくる(第5回)

1.スローガンについて   

①めざそう 活躍寿命日本一を! 関係人口とともに  

②~徳地に未来がやってくる~ 活躍寿命日本一へ! みんなやさしい みんなつながっている

 の2案が出て議論した。

・①は関係人口は固いのでは。意味が直感的にわかるほうが良い。  

・②はわかりやすくてイメージが沸く。経済面だけでなく、心の幸せがこれから必要。 活躍寿命日本一へ!の「へ}はいらないのでは。 徳地を日本に変え、日本一を世界一に変えれば、日本全体にも使える。あらゆる場で使える。活躍寿命日本一!の字は、習字の上手な方に躍動感ある字で書いていただければ良いのでは。

②を「徳地をなんとかしよう」という強い「志」がある人の集まりであるワイガヤの会の中では共有する。今後漸次「公」にしていき、最終的には「徳地のスローガン」にしていきたい。

2.むすびについて 

・むすびは手でにぎるから衛生上問題があって、売るのは難しいという指摘あり。

・これでボシャルのではなく、強い思いで形にするよう”勇気を出してやろう”ということとなった。 

・壁は随所ででてくると思うが、工夫しながら、例えば売って悪いなら「ワイガヤの会の運営にご協力ください 」といった浄財をお願いする等手段はいろいろある。 

 ・「おいしい」むすびをつくって試食を重ねながら段階を追ってやって行く。  

・各種行事等におもてなしとして出していく。

・次回4月18日(水)に試作・試食の会をする

3.スマート・テロワールについて(資料配布)

・「今後の徳地をどんなまちにしたいか」に大きな示唆を与える可能性があると思える内容なので皆さんに紹介。次回までにこれを読んでもらって次回はこれについて語り合うこととした。

・まずは、エネルギーの自給化からはじめたら大きな求心力にもなる。

4.その他

・モーニングカフェを1~2ヶ月に1回開きたい。 

 ・5月連休明けに「世代間交代の会」を行う。機会あるごとに「むすび」「スローガン」をPRする。

第5回ワイガヤの会