徳地ワイガヤの会(第53回)

1.TABICA現地体験場所について

 近辺の体験できる場所を皆んなでスマホを見ながら検討した。

 ①「真砂の豆腐」体験  \2,000 益田市

 ②「竹灯籠づくり」体験 \1,250 益田市

 ③「きき酒」体験    \2,500 益田市

邑南町の体験は4,5時間かかるものばかりでスケジュール的に厳しいので辞める。

⇒結果として①「真砂の豆腐」体験に決定。

 ホストの益田市観光協会と今後のことを話し合ってスケジュールを決める(市原担当)

2.「かわまちづくり」について(吉松)

 1/15自治会連合会議(39地区)、商工会、各種団体(観光協会、文化協会、歴史放談の会等)と連携取って、検討委員会を立ち上げることとなった。  14,5人か。

 何故かわまちづくりが必要かを練って、行政と話せるようになることが第一段階。  次回2/17予定。

3.その他  

 徳地の石風呂について。

世の中には石風呂は各地にあるが、鎌倉時代から800年も使い続いているところは徳地しかない。この稀少価値を最大限に活用し「徳地は石風呂のまち」を世の中に発信すると面白い。

徳地にしかないもので売りだす方法をかんがえるとよいのでは。

等の雑談をした。       以上