ワイガヤの会(第51回)

1.ワイガヤの会リニューアルに向けた宣言文の再徹底

前回皆んなで出し合った宣言文を皆んなで口に出して宣言し、徹底を図った。今後、会を運営していくうえでこの宣言文を皆んなで遵守することを約束した。

2.会の名称について

我々会の中では「同じ志」を持った者の集まりだから自由に話し合う「ワイガヤの会」で良いが外部の人から見ると「何をしているかわからない」、しょっちゅうセンターの黒板に記入してあるが疑念の目でも見られている。リニューアルに際し会の名称を変えたらどうかを議論した。

結論として、あまり縛りが無く、自由に物が言い合える「ワイガヤの会」の名称が適語ではないか。強いて言えば「徳地」の名前を入れて、「徳地ワイガヤの会」としたらどうかで意見が一致した。

 リニューアルに際し、ここで役員を再徹底し、全員の合意を得た。

会長:野村新一郎    事務局長:市原  茂     監事:竹本  実

3.テーマ提案:「TABICAで発信して素敵なゲストを招き地域を楽しくしよう!」(三浦)

中国電力がガイアックスと提携して、地域での稀少な体験を広く全国に向けて発信するWEBプラットフォーム「TABICA]を紹介。全員の感触を確認。

「やってみよう」「面白い」「どこかに参加してみて様子をみよう」という意見が沢山出た。

次回:テーマ提案があったTABICAの案を各自考えそれを議論する。

 2020年1月10日(金) 13;30~16:00

以上