ワイガヤの会(第45回)

1.ちょうちんまつり収支報告(市原)

  ・8月6,7日の予定が台風のため7日だけとなった。

  ・当初むすびの出店を予定したが衛生局の許可が下りず、急遽さんさまつりと同じ出し物となった。

  ・準備で野村さん、古川さん、当日は藤本さん、松田さん、松岡さんが終日頑張られた。

  ・さぽらんてさんの全面的なご協力もあり、お客様によろこんでいただけた。関係各位に感謝。

  ・利益追求ではなくお祭りを盛り上げることが主旨であり、利益は¥1,922に留まった。

2.ぶちーCONやまぐち2019について(市原)

  ・八坂に移住され、そこを拠点にフリースクールを開設される村上さんが首題のコンテストに応募され見事準グランプリを獲得された。応募時の論文作成やプレゼンのリハーサルに協力。関係各位に感謝。今後もサポートできるところがあれば協力をよろしく。 

3.スマホでとんとん「ゆとりカフェ」構想について(三浦)                        

  ・みんなが見つけた明日への情報をスマホで投稿し、「掲示板」で見て、情報を共有し、みんなで語り合う。スマホを開ければ、みんなが考えていることが見えてくる。進む道が見えてくる。世の中の動きも見えてくる。心にゆとりができる。一杯のコーヒーがさらにうまく感じる心地よさ。                       

4.ワイガヤの会についてフリートーク(野村)                  

  ・会も45回を重ね、活動の幅も広くなり、若干ばらばらな動きになってきつつあるように思える。                       

  ・会則もあるが、じっくり読み議論したことはない。丁度良い機会だから内容を議論した方が良い。                       

  ・あまり会則に縛られると自由な発想ができなくなる。              

  ・自由には責任が伴うことを忘れてはいけない。                         

  ・会則は外部向けに「ワイガヤの会」はしっかりした団体であることを示すためのもので、これにあまりしばられすぎると、ワクワク感がなくなる。                 

  ・45回も続いてきて、この会がより大きく発展するために脱皮する時期。今日みんなで本音を言い合うのは非常に良いことだと思う。                     

  ・この会は参加、不参加も自由である。ワクワク感があり、面白いことをやりたい。

  ・この会が将来どこに行くのか。ある程度団体として活動する必要がある。         

  ・準会員を増やしていったらどうか。プロジェクトによっては参加する等さらに自由度が増す。

  ・会としての目標を明確化し、計画的に進める必要がある。

  ・目標はある程度アバウトで良いのでは。変わっても良い。

  ・ばらばらよりもまとまった会でないと強さが出てこない。

  ・「かわまちづくり」は個人としてではなく会(団体)で進めなければいけない。

  ・フリースクールのリハーサルで、事業の内容に共感しその場で、地域の協力のところに「歴史放談の会」を掲載して良いよ。会の皆んなには事後承諾をもらうのでと言った。その後内容を説明し了解を得た。会員間の信頼感があれば会則はゆるやかでもよいのではないか。

  ・そもそも会を始めた発端は、地区自治会長が1年で交代し、地域づくりに限界を感じたこと。話し合う場が必要と思ったことにある。ここで議論したことが地域づくりになると思えばそれを地域づくり協議会等に反映させていきたいの思いがあった。原点である話し合いの場がないがしろになってきつつあるように思う。                     

  ・会は団体競技であり個人競技ではない。皆んなで議論して進めて行くことが必要。個人プレイで物事が進んでいる感が最近している。                     

  ・集落支援員をしていると、最初は個人で進めていたものがある時からワイガヤの会で皆で議論した方が良いというケースもあった。突然感があって「何で最初から」という思いをさせていれば反省する。個人で進めていても情報共有を進め皆さんにできるだけ突然感が出ないように気を付けたい。                   

  ・当会名を外部使用する際、会員の了解を前提、緊急の場合でも会長の了解を得ることは必要だが、状況によっては事後処理でも可にしないと機を失することもある。   

 ※今回で解決するところまでたどり着けなかったが次回はどうすればよいかを考えたい。各自自分の考えを持って参加してもらいたい。