ワイガヤの会(第41回)

1.スマホ交流サロンについて(三浦)                  

 ・スマートフォンの普及が進み、便利にはなっているが、片や特にシニア層が「生活弱者」になることが懸念される。               

 ・「生活弱者」がいない地域ができればそれだけで徳地が評価されるのではないか。              

 ・高齢者がスマホ片手にタクシーを呼んでいる光景が頭に浮かぶ。             

 ・空き家の問題も情報共有で解決する。                                           

 ・ワイガヤの会で取り上げて、徳地で広めたら、スマホ先進地になれる。                 

 ・お金の出し入れや買い物等も家にいながらできる。                     

 ・孤独からのがれることができる。                      

 ・簡単に相談できるところがあればよい。サロンによって相談等。一方的に相談を受けるのではなく時には相談される側が相談する等相互交流できるところ。こういうサロンがあればすばらしい。

 ・slackで動画等も送付できるか。⇒できる。                   

 ・slack交流スペースは交流者限定で交流できる。登録するだけで交流者になれる。情報共有が簡単にできる。ワイガヤの会員は全員登録しておけば連絡や情報共有が簡単にできる。 

 ・安否確認、災害時の連絡等有効。                      

 ・スマホ交流サロンを商標登録する。ワイガヤの会主催とする。商標登録には時間がかかる。                           

 ・フェースツーフェースでなく電波で取引できる。もうかる農業にもつながる。                    

 ・一方通行ではなく双方通行。               

 ・ワイガヤの会の交流スペースを取り急ぎ立ち上げる。会員登録する。                    

 ・育児中のママさんを育てられたら広がる。                     

 ・「おはな」が日を決めてもらえればスマホ交流サロンとして使って貰ってよい。若い人とくにママさんに呼びかける。 

2.定住ついて(松田)               

 ・さぽらんての紹介で不登校生を扱う(happy education)人が空き家を探されていた。松田さんに連絡して良い物件を紹介。6月26日現地を見に行く。                           

3.小鳥の森キャンプ場でのイベント(松田)                     

 ・7月13日にみんなで行きましょう。詳細は津田さんと松田さんでつめる。                          

 ・出欠は市原まで。                   

4.さんさまつりについて(野村)                         

 ・今日は藤本さんが欠席なので別途早めに詰める。                         

 ・今年も参加することで内容はこれから詰めて行く。                     

5.徳地ブランド・ガイドコース開発講座について(吉松)              

 ・古い町並みを歩く。例えば石州街道。               

 ・その他、皆んなで考えて案を出しましょう。                  

 ・ワイガヤの会で案を出す。 

             

左の写真はスマホ交流サロンでの 解説版です

三浦さん、野村さんありがとう ございました