ワイガヤの会(第40回)

1.会議に先立ち、有重さんにギター演奏してもらい、場を和らげてもらった。                       

2.山口市定住促進課より定住サポーター制度等について説明がありdiscussした。(定住促進田中)                           

 ・経緯 定住サポーター会議で「いかがかな」という雰囲気があったので今日ワイガヤの会に来ていただいた。アイデア、気付きその他フリーに話し合えたらという趣旨。定住サポーターをある人に委任する等。                       

 ・空き家バンク制度:徳地、阿東、仁保、名田島、二島の5地区に設置。 

 ・定住サポーター:今徳地に12人おられる。松田さんはその中の一人。山口市から委嘱。: 原則ボランティア活動。守秘義務。今年9月11日で任期が切れる。事務局は徳地商工会にあった。商工業だけではなくなってきている。地域の問題ということで今事務局は定住促進がやっている。事務局をどうするか、定住サポーターをどうするかはこれからつめていく。                       

 ・話は本末転倒ではないか。商工会から地域づくりに移るのは自然か。内容が全くわからないところで話が進んでいることがおかしい。 

 ・12人のサポーターは地区割りされているのか。                           

 ・上から降りてくるのはおかしい。話の内容が全くわかっていない。    

 ・徳地地域づくり協議会、総合支所の関係等話がよくわかっていない。伝わっていない。               

 ・もっと開かれた徳地にふさわしい対応をしないと話がおかしい方向に向く。                       

 ・つながり、特に横のつながりがない。地域づくりがその役割をするのか。           

 ・地域の方が制度すら知らない現状はおかしい。              

 ・待ったなしの問題が「これからです」では果たして進んでいくのか。情報共有等。   

 ・「登録しなければならない」という表現に見えるように高圧的。火中の栗を拾う気持ちでやらないとついていかない。地域が動けるような環境づくりが重要。  

 ・阿東地区では「空き家の情報がない」等ある。123自治会ある。43地区は会長が1年で交代する。今阿東には14人定住サポーターいる。非常に活躍されている。14人では無理。 阿東は徳地に比べて人口減少が激しい。前年出生は5人で百人以上亡くなられた。サポーターが里親になる関係が良い。行政も地域もつながるように。住民が幸せになるように子どもが楽しくなる地域をつくる。                  

 ・今日のような場が持てたことは画期的。もっと情報が開かれるべき。           

 ・定住サポーターはパーソナリティー。いろいろなことをしながらブランドをつくっていかないといけない。住民も一緒になって快適な環境をつくっていかないといけない。

 ・今日のような場を持つ意味は大きい。               

 ・成功事例を見て広げていく。7年かかって「これから」では民間企業はとっくになくなっている。                           

 ・例えば、家と田んぼと山を一括して売りに出していた。これでは買う人は出てこなかった。家、田んぼ、山をそれぞれ切り離した。即、家が売れた。   

 ・具体的に命をかけないといけない。                  

 ・センター機能があったらよいのではないか。行政はもっと地域を使いなさい。                    

 ・なぜ定住者を受け入れたいのかが徳地全体で考える必要がある。             

 ・空き家バンクの言葉は知っているが何なのか分かっていない。このような機会をもっと持つべき。                           

 ・集いの場が必要。                   

 ・フランクに話ができること必要。官じゃ民じゃをいうことがおかしい。         

 ・徳地には周りから、周辺から来る人多い。徳地には魅力があるということ。例えば島地幼稚園。                

3.佐波川文化について(吉松)               

 ・スライドで説明。この内容で良ければ今後これを使って徳地をPRしていきたい。  

4.スマホ交流サロンについて(三浦)                  

 ・この提案に至った動機:スマホの普及スピードについていけないシニア層が「生活弱者」になることを危惧。徳地が「生活弱者」が生じない地域になることを目指す。

 ・詳細は時間の関係で次回とする。                      

5.藤本家記念碑看板設置について(市原)                         

 ・市教育委員会名を看板に載せることについて教育委員会と打ち合わせた内容を説明。