ワイガヤの会(第39回)

1.八坂を元気にプロジェクト!について(村田)

来る6月8日(土)に八坂地域全体で新年度最初の話し合いがある。その冒頭に今まで意見交換会を重ねてきたこの総まとめを村田さんが説明。地域の人で初めてこの会に参加される人もおられるので説明内容がわかりやすいか、ポイントが明確か、その他気付いたことについて忌憚のない意見を出しあった。

・今、このプロジェクトを立ち上げた背景を例えば人口分析等のデータで示してはどうか。吉松さんが出雲地域で分析されたデータが参考になる。

・全体としては、よくまとまっており、わかりやすい。

・6つのプロジェクトがそれぞれにバラバラに動かないように全体を見る、全体を俯瞰できる人、組織が必要ではないか。

⇒八坂を元気にプロジェクト実行委員会を考えている。会長や支える人選も頭にはある(村田)

・今まで何回か意見交換会が行われている。今回がどういう位置付けの会合なのかを冒頭で明確にした方が良い。

⇒前年度でそれぞれのプロジェクトの想いは形にできた。今年度はその想いを具体的な行動に移していくその第一歩を踏み出すのが今回の位置付けです。確かに最初に今回の位置付けをキッチリ説明することは大事だと思う(村田)

⇒今回はしたがって各プロジェクトの実行計画を考えてもらうことがメインとなる(村田)

・八坂地域全体でこのようなプロジェクトが立ち上げられたのには村田さんの行動力と特に地域の方々をうまく動かせる人間力(人徳)によるところが大きいのではないか。

⇒私には何もできないが皆さんに助けられている部分が大きいと思う(村田)

・外部(地域外)の方々とも連携して、良いところ、参考になるところは大いに取り込んで、要は地域が元気になるように協力し合うことが大事。協力し合いましょう。

2.佐波川文化について(吉松)

・佐波川は徳地にとって古来からの大動脈であり、徳地住民の生活は佐波川の恩恵によって成り立ってきた。佐波川を抜きにしては徳地は語れない。

・したがって、物事を考える際には、常に佐波川に思いを寄せて、佐波川を基軸に考えることが重要。

・佐波川があったから重源がやってきた。

・東大寺再建以前から日宋貿易で徳地の材木が既に中国に渡っていた。

・佐波川通船の開発は、徳地の経済発展に大きく貢献した。

・佐波川が自然の要塞となって、明治維新に貢献した。

・佐波川の堆積地形に集落が発達した。堀中心部。島地中心部。小古祖中心部。

3.藤本家記念碑看板の文言について(市原)

・蕨先生が起案し、山田先生、市原で修正を加えた文言で合意を得た。

・今後、沖の原西、漆尾各自治会の承諾をいただき設置に向け動く。

4.才契地区との打ち合わせについて(市原)

・今日は議論する時間がなくなったので別途打ち合わせすることとした。

5.蛍Café開催について(野村)             

・6月13日(木)、14日(金)、15日(土)の3日間限定でCafeKOTIで行われる。

・ワイガヤの会は14日(金)18時~で申し込みした。

6.さんさ祭りへの参加について(野村)

・昨年はワイガヤの会として”むすびワークショップ”で参加した。

・今年も何らかの出し物で積極的に参加したい。   

・次回議論したい。

以上