ワイガヤの会(第37回)

1.清水さんがこれまでの打ち合わせで出た意見を取り入れ、素晴らしいマップが出来上がった。

「わが懐かしの出雲」を表にし裏面に「堀商店街」とし一枚刷りとする。

2.「堀商店街」のサブテーマ「温故知新・思い出大募集」も、素晴らしいネーミングで合意した。

3.堀小学校、堀中学校の写真があると良い。どこかにあると思うのであれば挿入する。

4.元々発起人は中村(鮮魚店)。発起人が今現在の店がマップにないと言われている。

これは昭和35年当時のマップを想定しているので現在の店がないのは当然である。ただ発起人だから、一言中村さん(堀商賛会)に了解を取っておく必要はある。中村さんに相談する。

5.今回でマップづくりは完結とする。今後修正等が出てきた場合は次回に回す。

6.清水さんの歴史に残る力作を称え、全員拍手でその労をねぎらった。お疲れ様でした。

今後このマップを観光や地域づくりに有効に活用していくこととする。

ps.今日参加の中村さんから、盆の8月15日精霊流しを毎年行っている。

自分で麦藁で船をつくりたいまつを灯して流している。

船をつくるために小麦藁が必要。今は中村さんが船をつくるに必要なだけの小麦を自作している。船のつくり方も知っているひとが少なくなった。今なら私が教えることができると言われた。

⇒これも貴重な伝統文化であると思う。是非船を作る技術と精霊流しのノウハウを受け継いで後世に残していく必要があると思った。何とか考えたい。