ワイガヤの会(第28回)

1.堀地区マップづくり

・前回打ち合わせ内容に基づき清水満さんが修正されたマップを基に、議論した。

・中村資さんが昭和30年代を中心にして、記憶に残っていることや、史実を詳細に記述されてこられた。それの説明を受けながら懐かしい昔話に花が咲いた。中村さんに感謝。

・中村さん、清水武さんを中心に、マップの加筆訂正を行った。

・次回(3月20日)までに、清水満さんが今日の内容を含めアップデートし、更なるブラッシュアップをはかる。

2.その他情報として

①佐波川美化活動について、商工会青年部からいただいた国交省の構想案を説明(吉松)

 国交省構想と山口市構想がミスマッチで棚上げ状態。何とか前に進めたい。国交省は島地川と佐波川の合流地点、市は森林セラピーを含めた大原湖周辺をターゲット。

②歴史建物や施設等をどう活用していくかの検討を地域づくり協議会から依頼を受けた(池田)

 従来個人が知っている範囲で進めていたが、ひろくこのような議論する場や叡智を集めて検討が出来ればの提案があった。池田さん主導のもとで、協力できるところは協力していく。

③湯田温泉まつりのパレードに奇兵隊参加の誘いあり(山田)

 温泉組合から奇兵隊のコスプレパレードが温泉祭りに出てもらえないかの依頼あり。徳地の外部から奇兵隊のコスプレに対し熱い視線が注がれている。20人程度のコスプレ軍団が温泉祭りに乗り込めば歴史が変わるかもしれない。ワイガヤの会も多いに協力していく。