ワイガヤの会(第11回)

前日の大雨(特に、下松方面が厳しかった)のため、出席できる人のみで行った。                    

1.前回(第10回)の打ち合わせ内容を振り返った。                     

 ①重源の郷の件は、背景が複雑なので慎重に進めた方が良い。特に行政が絡むので、行政の意向をそれとなく聞き出して、その意に沿うように動いたらどうか。                        

・市から見れば、このような話が市民から上がってくるのを待っていたのではないか。                           

・竹本社長は市やその他からも真綿で首を締められつつある状態にあるのではないか。                           

・そういう中で、ワイガヤの会の「一緒に考えたい」という話は、「わたりに舟」だったのではないか。

・そういう背景があったから「態度が柔らか」に応対されたのではないか。                

・今、市役所の中で、観光課だけでなく協働推進課にも話が広まっていて、竹本社長に話す内容を検討されている。                      

・大きな一石を投じたと思う。ターニングポイントになるのではないか。                    

⇒非公式に市役所観光課に行き、市の今の状況すなわち重源の今をどのように考えられているのか、どのようにしようとされているのかを探りに行く。そのときワイガヤの会がここに到った経緯等を正確に伝える。ワイガヤの会がどんな会であるか等背景がわからないと市の方の対応も違ってくると思うので。→藤井所長から市にわれわれのレポートを提出してもらったので、上記のことを話した(7日)。月曜日(9日)に市原が話しに行きたいので先方の都合を聞いてみようということになった。

②むすびプロジェクトにつぃて

・次回イベントへの参加の計画はないとのことだが、このままだと立ち消えになってしまう。

・いろいろ厳しい規制等はあるが、やり方は考えれば良いアイデアが出るのではないか。

・そもそもむすびプロジェクトをはじめた原点に立ち返って、”質素な(でも心のこもった)おもてなし“のむすびをイベントに出すことを考えたらどうか。至近のさんさ祭りで考えられないか。

⇒7月11日(水)藤本さん、松田さんと打ち合わせることとした。

2.徳地動画プロジェクトについて                         

・徳地の魅力を動画に撮って、世界に発信する部隊、”とくぢ動画隊(仮)”を募るための文言(ストーリー)を吉田さんに作ってもらった。これをベースにして、広く公示できるように編集する。夏祭り等が差し迫っているので、機会を見つけてはこれをPRしていく。   

・三浦さん(今回は体調不良で欠席)から「とくぢ動画隊」の《諭示》や動画講習会(案)を作成して頂き、確実に前に進んで行ける基盤ができつつあることを確認しあった。

                                      以上