ワイガヤの会(第10回)

1.前回(第9回)打ち合わせの確認。                  

2.重源の郷視察(6/15)後の状況。                      

皆さんのご意見をまとめたものを山口市観光課長に提出(藤井所長会ら)。          

表現がストレート過ぎるところがあるので、今、課長のところで表現を考え中。    

出来上がったら、竹本社長と打ち合わせる。              

3.とくじ動画プロジェクトについて。                  

  中学生が主になって活躍してもらうため、このプロジェクトの主旨や取り組み方を学校や教育委員会に話し、承諾を得ておく必要がある。そのためのストーリー作りを今進めている。山田先生の知見を反映していただくことの同意を得た。吉田さんにストーリーのたたき台の作成をお願いする。  

4.むすびプロジェクトについて。                         

・6月3日の日本民謡発表会で実証体験した。                         

・地元で採れた食材を主体に、60歳から70歳台の方が 多かったので、好評だった。                         

・特に油分がなかったのが良かった。                         

・予想した以上に得ることが多くあった。価格や作る限界等。弁当の箱代等が結構かかる。      

・最終的には赤字にはならなかった。                         

・昼食のタイミングが、発表会の進捗具合で難しいことがよくわかった。                       

・100円/弁当が予想外に売れて完売となったが、出すタイミングが遅すぎた。                     

・今回の体験から、準備、支度にどれだけのエネルギーが要るかがよくわかった。                      

・最近特に食べ物の規制が厳しくなってきている。

⇒このような実証体験をすることにより、得るところが多くあり、「続けてやっていく価値はある」が大半の意見。

ただ作って売るための協力者に多大のご迷惑とエネルギーがかかり過ぎ、これをどう解決していくか。例えば有償ボランティア等考える。当面次の実証実験の計画はない。  

5.その他                       

・ブレッド(アメリカ)さんと三浦和誇(柚野在)さんが飛び入りで参加。今後機会があれば参加したい。

・藤本さんの指導で徳地甚句のおどりを踊って親善を図った。             

 次回予定   7月7日(土) 11:00~14:00  於:野村さんの施設おはな(コティーの傍)                                       以上