自治体が挑む「脱ごみ社会」

 全国のごみ処理費は、年間2兆円を超えるといわれています。

その量は増加傾向にあり、10年前に比べると1割も増えているそうです。

このような中、長野県の川上村では、可燃ごみの4割を超える生ごみの回収を一切せず各家庭で堆肥化「生ごみゼロ」に挑戦されているそうです。

これらのことを挙げ、日本経済新聞では「データーで読む地域再生」で全国の自治体の様子を発表しています。

詳しくはこちらをクリック