ワイガヤの会(第50回)

1.ワイガヤの会リニューアルに向けて

 ・前回宣言文で引っかかった「徳地をなんとか」の文言で、これだと今徳地にいろいろ問題があるの印象を受ける。もっとさわやかな前向きの文言はないかを議論する予定であったが、宣言文全体を振り返り、これで良いのではないか等の意見が出て、首題の文言を見直すまでには至らなかった。

2.テーマ:よろず相談所について(三浦)

 ・これをやるキッカケとなった「背中を押された言葉」について話された。知人の斎藤俊幸氏の言葉。斎藤氏は長く地域づくりに携わり、熊本県荒尾市地域再生事業が地域づくり総務大臣表彰受賞、農水省食と農と福祉委員会委員、食の6次産業化プロデューサープログラム起草委員等歴任。

 「地域づくりは課題から入らない。課題解決型から価値創造型思考へ。課題解決型は問題を細分化する。巻き込まない→共感で集まる→可能性で未来を拓く。悪いところ残念なところほど目に付く。いいところを見ようとすること。いったん受容してみること。交ざっていくと分野を超える。創発とは部分の単純な「和」に留まらず「プラスアルファ」を生み出す。その創発プロセスから新たな価値が創出されたりする。自前(持ち味を活かすこと)と自在(関わりを活かすこと)の組み合わせ(融合)がカギ。多様性のないところに創発は生まれない。異質×異質(協働)が新しい価値を生む。

 強いリーダーからあいだをつなぐ人へ。しなやかさとのりしろ。戦わない。競わない。強制しない。→応援しあえる関係性。偶然の効果・回復力(へこまない力)、柔軟、寛容、包摂、余白、ゆるふあ。

生きづらさを抱えた人を置き去りにした地域づくりはあり得ない。障がい者、高齢者、子ども、認知症、病気治療中の人。

 ・この言葉に後押しされ、三浦さん自身が空き家バンク利用登録申込書を山口市に申請し利用登録が完了した。安価な空き家が見つかればそこを拠点にして活動を始める計画。

活動内容としては ①多世代交流 ➁なんでも補習塾 ➂よろず相談室。

3.さぽらんてリニューアルオープンイベントへの参加。「ワイガヤの会」として焼き芋直売で協力。 いも焼き機を松田さんが手作りされた。数回の実験でおいしい焼き方を完成。 当日は特に応援はいらない。

                完成した焼き芋機(松田氏作)

以上

サンタが徳地に ハーレーに乗ってやって来る

ハーレーは、1900年初頭に原動機付き自転車としてアメリカの20歳の青年ウイリアム・S・ハーレーが開発を始めたんだ。

それから開発が続き、2度の世界大戦や、世界大恐慌、など大きな波を乗り越えて・・・あの大排気量V型ツインエンジンで、腹に響く重量感をもった二輪車になったんだ。

そのハーレーに乗って25人のサンタさんが、子供たちにプレゼントをもってくるのだ!

どんな音が響くのだろう? わくわくするね!!

ワイガヤの会(第49回)

1.ワイガヤの会のリニューアルに向けて

〇宣言文の内容について議論した。「徳地を何とかしよう」の表現以外は特に問題なく合意した。

・「徳地をなんとかしよう」の表現が悲壮感、使命感を持たないスマートな表現にならないか。

・今何かに困っているわけではない。困っているものがあるか。

・要はタイミング。危機感をあおることは重要だが、煽りすぎるとおかしくなる。例えば人口0になる等。

・このままいけば多分こうなるだろうを想定して課題を探る。

・地域を継続・維持することが重要。

・この表現だと今が悪い印象を受ける。

・「徳地を楽しくする」という表現はどうか。

・使命感、悲壮感でやっているわけではない。ワクワク感が出るように。自己満足ではいけない。

・外からみてどうか。

・自分たち中心ではなく「てごをする」役割が良い。外部を助ける役割。あかるくなる。後押しする。

・次回までに適語を考える。

・ハブの機能。

・この会は行動することより、考えるを手助けする。主役ではなく黒子に徹する。

・現代っ子を巻き込む。

・いろいろな分野の人を巻き込む。20人程度にできたら。

・使命ではなくプラスアルファの役割をする。

2.テーマがあれば

・「スマホで遊ぶ会」が三浦さんから提案があった。・人と会える場所。・楽しそうに話し合える、いろいろな人と遊べる、楽しめる場。・必要性があるか。男は出てこない。サーベイする必要がある。・リターンが何かあるかに敏感。なにか儲けになるか。・どうやって定着させていけるかの方法論は。・ネット(googleマイビジネス)で商店に聞いてみる。・努力しないとなりたたない。・ニーズの発掘を考える。・魅力的なニーズ、いきていくためには必須ですよというニーズを出していけば拡がりは期待できる。・スマホだけでなく多目的に活用する場とする。多世代交流ハウス的な。・行政と協力して活動してはどうか。・初期投資がどれぐらい等の検討をもっとする。・何かをライフワークとして残したい。・可能性について、実現可能にするためにどうするかをもっと検討する。・出来ることから始める。・検討にさいしては三浦さんに任せるのではなく皆が協力する。

3.その他

①佐波分校文化祭の収支報告

売上¥20,180  仕入れ¥13,331  収支+¥6,849 ワイガヤの会(JA)に貯畜。

➁佐波川河川敷工事写真

③島根県邑南町視察報告

 次回  12月11日(水)  10時~

テーマは

①「徳地をなんとかしよう」にかわる文言について  

②テーマ「よろず相談集会所」について(三浦) 

③その他

以上

集落支援員だより(11月号)

ある会合で「むらの自給圏構想」について話す機会がありました。日本は今、食料自給率38%、エネルギーは90%以上が輸入に頼っています。外国から食料やエネルギー素材が入ってこなくなれば‥‥・と考えただけで思考が止まります。そうなってから考えていては手の打ちようがありません。多少考える余力がある今から考えて準備することが大切であると思います。

「自らの身は、自ら守る」。「むらのことは、むら全体で守る」。これが自給圏構想です。食料自給率38%は弱味でなく強味になります。輸入原料を国内産に切り換える機会があるということです。減反農地や耕作放棄地が眠っています。空き家が急増しています。目指すは地域資源を活かした食料の地産地消、住宅の地産地消、エネルギー(熱、電気)の地産地消です。地域に根差した、地域が栄える自給圏を造ることです。  実現するためには地域の可能性に地域住民が力と英知を結集するところから始まると思います。理想の旗を高く掲げて、多くの人びとの意識を換え、地域内外の人びとから支援を集めることが出来れば、地域に自給圏が生まれ、安心して暮らせる幸せを実感できる日が必ず来ると信じています。   (挿絵:角,  文:集落支援員:市原)

ワイガヤの会(第48回)

1.防府高校佐波分校文化祭について

 ・「徳地を賑やかにする」を目的に昨年に引き続き参加する。学校からの熱い要望もあった。 

・16日(土)当日は11時バザー開始。14時餅まきで終了。 ・10時30分集合、準備する。生徒は8時30分から催物ある。・お釣りを準備することを忘れないように。 ・去年の野菜等の値段を確認する。・今のところ、野菜(ピーマン、里芋)は手配済み。米をどうするか。米今年不作。・弁当(15)、カワラケツメイ茶ラテ、カワラケツメイ茶そば(15)。・あくまでも賑やかしが目的であり、儲けは追及しない。

2.ワイガヤの会リニューアルに向けて

 ・過去の過失を深追いしたり、非難したりせず、反省すべき点があれば各自反省し、今後に生かす。

 ・原点に立ち返って、「徳地を何とかしよう」の志を共有し、「議論する場」「もみ合う場」とする。

 ・最近の会の運営が「議論する場」から「報告の場」にウエートがあるように思える。「良いことだからこれを進めよう」といった、議論も情報の共有もなく進んでいる感を抱かせていれば、事務局として猛省する。

 ・この猛省の上に立って、今後は事前に情報を提示し、話し合いの中でよく揉んで、合意をえながら進めることとする。

 ・ワイガヤの会は「個」で動くのではなく、「チーム」として動く。「One Team」として力を発揮していくことに努める。

 ・自由に話す場であるが、傾聴を心掛けること。他人の発言を遮ったり、否定しないこと。あくまで「Yes,and]で進める。自由には責任が伴うことも忘れずに。

 ・完結で分かりやすくを心掛け皆んなが楽しく発言できるようお互い気を配る。

               昨年の文化祭参加メンバーの皆さん

以上