集落支援員だより(2020.6.10)

 今回のコロナ騒動は、世界中を大混乱させているという点で、私の長い人生で過去に経験がない。今まで気づいていなかったことが改めて鮮明に大衆の前にさらされたことも少なくない。「喉元過ぎれば・・・」にならないよう今までの「うやむやに踏襲していた行事」を見直す絶好の機会でもある。

 たまたま近所の同じ組内で不幸があった。最近は田舎でも徐々に葬儀等を家族親族のみで行うことが増えてきている。その際も通夜や葬儀のお手伝いが必要かどうか等を組内おそろいで当家に行って相談していた。

 コロナ禍で「3密」回避のため、団体での行動が規制されていることに鑑み、当家から「通夜、葬儀は家族、親族の内輪だけで行いたい。ついては受付等もすべて身内でおこないたいので」と連絡を受けた。

 その旨を個別にお伝えしたところ「最近は若い次を継ぐ者もほとんど都会にでており、近所といっても顔もよくわからない時代だから、この方式はコロナだからだけではなく、今後はすべてこのやり方にしたらどうだろうか」の声がアチコチから出た。

 今回は「家からの見送り」だけはしようということとなった。その時風通しのよい軒先に皆さん距離を空けて集まり、新しい方式を説明し全員の合意を得た。

「このような機会がないと、なかなか言い出せないけど、決まってよかった」と皆さん決まって安堵されたような雰囲気だった。近所付き合いがだんだん疎遠になっていく寂しさはあるけれど、時代は変化しており、変化に追従していかなければ廃れていくだけです。

 小さいことでも、このような従来からの行事を「今を逃すと次はない」の気構えで見直していくことをこれからも小まめに進めて行きたい。

森フェス子どもたち大集合

10連休最後の6日国立自然の家で数え切れないほどの老若男女特に子どもたちが大自然の中走り回ったりボールを蹴ったり木に登ったり普段経験できないことに夢中になっています。大人も子どもも大自然の英気を吸って明日からの活力にしているように思いました。

歩こう大会in三谷を楽しむ

28回を迎えた恒例の歩こう大会が五月晴れのなか80人の老若男女が参加して5日行われました。ウグイスのさえずりを聞きながら昼食には地元のかたがおむすびと茶粥を用意されコーヒーまでおもてなしされました。魅惑的なサックスの生演奏が疲れをとってくれました。帰りは重源上人が杣だしした道なき道を一気に駆け下りました。最後は楽しい抽選会が名司会者の独演で盛り上がりました。みなさん10kmを歩き終えた満足感で輝いていました。スタッフの方々ともどめお疲れ様でした。ありがとうございました。

徳地フリーマアケット賑わう

連休終盤の4日快晴の中、花ねこ広場で大々的に行われました。コスプレに最適な洋服あり、昔懐かしい竹トンボや、手作りの椅子やテエブル、採れたての野菜、似顔絵のパホヲマンス等々童心に帰れた一時でした。子どもたちは綿菓子を頬被り休みを満喫していました。徳地に賑やかさが戻って来つつあります。